衆院の解散は見送られる

11/28日経「衆院1月解散見送り」「首相、来夏以降探る」「コロナ対策最優先」

コロナ対策を最優先としていた首相の当然の判断だ。自民党内には早期の解散を推す意見があったが、コロナ対策を優先した。

そもそも雪国出身の首相には、冬の選挙という選択はなかったのだろう。雪の降らない選挙区の議員は首相支持率の高い今が好機と党利党略の能天気な見解を振りまいていた。例えば、下村博文(東京)、安倍晋三(山口)などだ。

 

菅首相のこれまでの施策を見ると、相対立する立場が際立っている。

一つはあいまいに煮え切らない立場。

学術会議の支離滅裂な説明、GoToの煮え切らない方針。

もう一つは、歯切れのよい立場。

桜問題の顕在化、解散見送りなど。

 

この二つの相反するような首相のスタンスは、次の疑念を浮かび上がらせる。

既定の方針は変えられない。

新規の案件は、首相の裁断で決められる。

 

菅政権の成り立ちを思うと、こんなこともありそうに思える。

GoToの感染者は少ないから見送る必要はないという首相の説明は、説得力に欠ける。

感染症の場合、原因の特定は難しいので、怪しい要素をしらみつぶしに潰して、だんだんと原因を狭めるアプローチが必要である。なぜ感染者数が増えているかの理由を示さないと、説明にならない。

首相の説明は、結論ありきのように思える。

COVID-19 首相「この3週間が極めて重要」

新型コロナウイルス対策分科会は感染拡大地域での飲食店の時短要請や、それ以外の地域との往来を控えるなど3週間集中して強い措置を求める提言をまとめた。

危機意識をあらわにするのは頷けるとして、何を以ってこれからの3週間を乗り切ったのかを示す基準が何もない。いつものことだ。神のみぞ知る、か。

 

グーグルの予測値があるので、これとの比較で判定する。

実際の陽性者数が予測値を下回れば可、上回れば不可とする。

優と良は判定できない。

 

東京感染者  11/26  19:30現在の予測値 

グーグルの予測はローリングなので、特定日の予測値を用いなければならない。

グーグル

実際

11/26木

441

481

12/3木

545

12/10木

642

12/17木

747

12/21月 対象末日

777

政府はデジタル能力のある教員養成に乗り出す

デジタルは、現代の読み、書き、そろばんである。ここを教育の基本に据えるのは、社会のニーズに沿うものである。

2012年(入手可能な最新データ)の統計では、公立学校の採用数は小学校13,000人(100人以下は切り捨て、以下同じ)、中学校8,000人、高校5,000人、合計26,000人である。

平成24年(入手可能な最新データ)の教員数は、小学校418,000人、中学校253,000人、高校237,000人、合計908,000人である。

 

政府は「専門家派遣、最大9,000人」を計画しているようだが、全教員の1%にしかならない。too small too slowである。持続的に適格教員を増やすには、採用予定教員(26,000人)に教員養成課程からITを教え込むことである。10年続ければ、260,000人が適格者となり全教員のうち1/4を占める。中高年のおじさんやおばさんに教えるより、若いうちに鍛えるのが効果的だろう。

「専門家派遣」は、Go to と同じく仲介業者だけを儲けさせる懸念がある。教員養成課程に組み込むのであれば、追加コストゼロである。IT教員手当を上乗せしても十分にお釣りがある。

 

 

11/23日経「全教員にデジタル指導力」「専門家派遣、最大9,000人」「海外に大きく後れ」

同記事には「教員の養成段階からデジタル関連の専門科目を履修させることも計画」を伝える。

 

オリンピック延期費用3,000憶円の使い道

IOCバッハ会長が来日し、オリンピックの開催について関係者と協議した。

世界的にも、国内的にもパンデミックが加速している状況で、オリンピックを開催する意義は何なのか。金持ち国の自己満足ではないか。

 

日本政府はオリンピックの理念に立ち戻り、オリンピックに投じられる資源をこのパンデミックに打ち勝つ方に投じたほうが、世界の共感を得られるのではないだろうか。

 

具体的には、延期費用と見積もられている3,000憶円を途上国へのワクチン購入資金援助、ビル・ゲイツ財団への寄付に充当する。「平和でよりよい世界を目指す」という点でオリンピックの理念にかなうのではないだろうか。

パンデミックが収束したときに、日本のおかげで安心して暮らせるようになったと世界から感謝されるだろう。

オリンピックの競技はなくなっても、日本の貢献は人々に長く記憶されるだろう。

 

高校講座 保健体育 オリンピックの意義と役割

https://www.nhk.or.jp/kokokoza/radio/r2_hoken/archive/2016_hotai_11.pdf

オリンピックの理念は、「スポーツを通して文化や国籍などの違いを越え、フェアプレイの精神を培い、平和でより良い世界を目指す」ことです。

COVID-19 グーグルの予測は甘すぎる、今のところは 

グーグルがAIと機械学習によるCOVID-19 感染予測を公表した。

https://datastudio.google.com/reporting/8224d512-a76e-4d38-91c1-935ba119eb8f/page/ncZpB?s=nXbF2P6La2M

今のところ、グーグルの予測は控え目すぎて、実際のケースにはるかに及ばない。

今後の推移を見たい。

今後の感染者数は「感染がどうなるかっていうのは、本当に神のみぞ知る……」 西村担当相が発言したと伝えられる。

神以外にGoogle knows it,too. 

政府には科学的知見を活用しようとする姿勢が見られない。神風の吹くことを期待しているのだろう。

 

東京の感染者予測;グーグルの予測では、500超えは12/8なんだね。18日も先の話。

グーグル   

実際

11/19       

288

534

12/8       

500 

パナソニックの社長交代 津賀一宏社長から楠見雄基常務執行役員へ その先は

都賀社長は12年6月に就任した。この間赤字事業の整理に追われていた。大きな誤算は、次の成長事業としたテスラ向け電池事業であった。いよいよ生産が軌道に乗ってきたが、その果実を得られていない。

皮肉にも、テスラの株価は12年6月末日31.3ドルから、20年11月13日408.5ドルに上昇した。パナソニックの株価は、1,000円前後でさえない。普通なら、テスラ関連で大きく買われてもおかしくはない。

 

わが国では、事業の多角化と株価の最大化はほとんど同義とされてきた。

欧米の物言う株主は、日本の経営陣に多角化から脱して専業に会社の方向を改めよと提言する。

 

多角化は、ある事業が不振でも他の事業が補えることがある。企業存続のためには、賢明な選択である。だが株価最大化の点からは、逆のことが言える。ある事業が好調でも赤字事業が足を引っ張る。さらにコングロマリット・ディスカウントという嫌な現象がある。

専業化は、究極の選択と集中である。厳しく経営者の能力が問われる。パナソニックはこの困難な挑戦に向き合えるのか。

 

島忠:ニトリの買収提案を受諾

DCMが一株4,200円で買収を提案。ニトリが5,500円、総額2.100億円で完全子会社化を提案。

 

島忠取締役会は、DCMの提案に対し、「当社の株主の皆様に対し、本公開買付けへの応募を推奨することを決議いたしました」と応じた。

今後このような決議は少なくなるだろう。株主に安売りを勧奨することは許されない。

まず第一弾は、安すぎるから出直してくれというのが主流になるだろう。

 

10/2島忠による適時開示

当社は、以下のとおり、DCMホールディングス株式会社(以下「公開買付者」といいます。)との経営統合(以下「本経営統合」といいます。)に合意し、本日開催の取締役会において、本経営統合に係る経営統合契約(以下「本統合契約」といいます。)を締結すること、及び、本経営統合の一環として、公開買付者による当社の普通株式(以下「当社株式」といいます。)に対する公開買付け(以下「本公開買付け」といいます。)に賛同する旨の意見を表明するとともに、当社の株主の皆様に対し、本公開買付けへの応募を推奨することを決議いたしましたので、お知らせいたします。